限定クリスタルSHOP CLICK!

もうストレスを溜めない!ストレスマネジメントの方法

もうストレスを溜めない!ストレスマネジメントの方法

 

せちがらい現代社会。

何かとイライラしたり、ストレスを感じることも多いはず。

 

そもそも忍耐を美徳とする日本人は、ストレスにすら気づかないで、ついつい頑張りすぎて燃え尽き症候群になってしまった・・という話も多いよう。

 

ストレスは、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれるくらい、実はかなり怖いものです。

 

仕事をやめたり、離婚したりして、ストレスがなくなったら、あっという間に元気になったというのは、けっこう良く聞く話です。

 

知らず知らずに体と心をむしばんでいくストレス、こまめに解消して健康でハッピーな人生を送ってみませんか?

 

 

 

 

『ストレスとは?』

 

ストレスとは、精神的、身体的にその人の限度を超えた負荷がかかり続けることにより、病気につながる状態のこと (Palmer1989)

 

 

こんな症状があったら!ストレスによって起こる症状チェック

 

・眠れない

・体重の増減

・お腹が痛くなる

・イライラ感

・歯のぐらつき

・パニック症状

・頭痛

・集中しづらい

・手足の汗

・胸焼け

・眠りすぎる

・人に会いたくない

・倦怠感、疲労感

・吐き気

・感情がいっぱいになる

・何かにハマりすぎる(ゲーム、お酒、ドラマ、占いなど)

 

 

ストレスをため続けるとどうなるの?

 

ストレスを長い間ためつづけることは、心にも体にも絶対に良くありません。

WHOの調査でも、ストレスが原因で精神的、身体的な病気につながるという発表がされています。

たとえば、心臓疾患や糖尿病などの重い病気から、うつ病や不安障害といった精神病の原因になることがわかっています。

 

こんな症状もストレスが原因

 

ストレスが限界を超えてしまった結果、多くの病気の原因になることがわかっています。

たとえば、高血圧、胸の痛み、不整脈、血栓などの心臓の関係する症状。

そして不妊の原因のうちの30%はストレスが原因です。

髪が抜けたり、白髪になる、そしてニキビのできやすいオイリー肌もストレスが関連しています。

 

感情的になりやすい人というのも、ストレスホルモンが限度を超えているサインです。

とくに子供の頃に受けるストレスは、成長ホルモンを阻害するので、心身の発育に悪影響を及ぼします。

 

 

 

ストレスマネジメントをしてためない人になろう!

 

ついつい頑張りすぎてしまうという人は病気になる前に、ストレスをコントロールするストレスマネジメントをすることをオススメします。

ストレス耐性は人によってちがうので、他の人は耐えれるストレスでも、あなたにとては耐え難いストレスというのもあるのです。

人によってストレスはちがうので、あなただけのストレスマネジメントをする必要があります。

 

 

 

1・まずはストレスに気づこう

ストレスは人によってちがいます

たとえばAさんは、新しい人と話すことがなんともなくても、あなたにはとてもストレスを感じる・・など。

あなたはどういう時にストレスを感じやすいのか? 

まずはあなたにとってのストレスに気づきましょう。

 

 

2・ストレスの原因をあぶり出す

あなたにとってのストレスの原因はなんでしょうか?

家族?人間関係?仕事?それとも他の原因があるのか? 

あなたのストレスの原因をあぶり出しましょう。

 

 

 

3・ストレスのサインを認識する

 

胃が痛くなる、イライラする、頭痛がするなど、無意識に体が発しているストレスサインがあった時には、私は今ストレスを感じているんだ・・ということを自分自身が認めましょう

ストレスを受けた時に自分で認めることがポイントです。

 

 

 

4・ストレスを感じたら?

あなたはストレスを感じたらどうしますか?

長年生きてきてつちかってきたストレス解消法がありますか? 

お酒を飲むこと?友人とおしゃべり? それとも大食いに走ること?

 

 

5・良いストレス解消をしているか?

もしあなたが長年やっているストレス解消法が、余計に健康を損ねるものだとしたらどうでしょう? たとえばスイーツを食べる、お酒を飲むなど。

確かにその時は気が晴れたような気分になるでしょう。

でも続けているとストレス耐性が低くなったり、健康を損なうストレス発散法もあります。

 

 

 

6・セルフケアを第一にしてみる

 

ストレスを受けた時は、心身ともにダメージを負っている状態です。

ダメージが広がらないようにセルフケアをしてダメージを回復することが最優先。

良く寝る・良いものを食べる・良く運動するなど自分ファーストで回復に努めましょう。

 

 

 

7・周りに助けを求めることも必要です

 

ストレスでいっぱいいっぱいになったら、友人や家族に思いっきり話すことも必要です。

近くに適当な人がいなかったら、今の時代は気軽に電話相談ができるサービスがあるので、そちらを利用するのもおすすめです。きっと心がスッキリするはず!

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中
 




もうストレスを溜めない!ストレスマネジメントの方法


 

世の中にはストレスを溜めやすいタイプ、逆にストレスをあまり感じないタイプがいます。

その差はいったい何なのか?

そもそもストレスをコントロールできれば、ストレスはたまらないしもっと楽しい人生になるでしょう。ではさっそくプロの方法をご紹介!

 

 

1・常に平等な関係を心がける

 

ところで、あなたはコミュニケーションは得意ですか? 

ストレスを溜めやすい人の特徴に、相手に合わせて自分の意見を言わない、というものがあります。

人間は超能力者ではないので、口に出して伝えないと何をして欲しいのか? 何を考えているのか? がわからないのは当然です。

ストレスを溜めやすいと思う人は、コミュニケーションの方法を変えてみることをおすすめします。

 

 

2・もっと怒って良い

 

怒るのはいけないこと、恥ずかしいことだと思い込んでいませんか?

いえいえ、喜怒哀楽は健全な人間の感情なので、もっと怒って大丈夫です。

とくにナメられやすい大人しいタイプや優しいタイプは、失礼なことを言われた時はどんな相手にでも、ちゃんと怒って相手に伝えることが重要です。

怒りを気づいていないふりをして溜め込むと病気になってしまいます。

 

 

3・自分の時間を作ろう

 

やることが多くてあわただしい毎日。

そんな時にこそ、ふと立ち止まって自分を見つめ直す時間が必要です。1日30分でも良いのでぼーっとしたり、ゆっくりとした呼吸でヨガやストレッチをして血行を良くすると、平常心を取り戻せるでしょう。

 

 

4・境界線をひこう

 

共感力の高い日本人は、周りのムードに引きづられやすい人が多いです。

たとえば行列があるとよく分からないけど並んでみたり、ラグビーが盛り上がるとルールとかは知らないけど盛り上がってみたり・・。

楽しいことは影響されても良いですが、そうでないネガティブなニュースなんかはあまり影響されすぎないようにしましょう。

人は人、自分は自分とはっきりと境界線を引くことです。

 

 

 

5・アファメーションをしよう

 

アファメーションというのは、あなたが理想とする状態を自分で言葉に出して唱える方法のこと。不思議なことに、唱えることで脳が錯覚して本当のことだと認識し始めてあなたの理想の人生に近づきやすくなります。

嫌なことやストレスを受けても、ポジティブで元気の出るアファメーションをやってみると効果がすぐにわかりますよ。

詳しくは→悩みを消して望む未来を引き寄せる効果的なアファメーションの方法

 

 

 

6・認知の歪みはないか?

たとえば、フェラーリに乗ったお金持ちを見た時に、わあ素敵な人だなあ!と思うのか、金持ちなんて汚いことしているんだろう、調子に乗ってなんかムカつく!と思うのか。

どうして人によって受け取り方が変わるのでしょうか? 

これは、『認知の歪み』といって考え方の癖によっておこるものです。

金持ち=汚いという『思い込み』が強いと認知の歪みとなって、ストレスが無駄にたまりやすい性格になるのです。

この歪みがあると、ネガティブになりやすくストレスが溜まりやすいので、少しづつ治していく事をおすすめします。

 

 

 

7・お腹の調子を整える

 

ストレスがたまっている時は、お腹の調子もあまりよくないはず。

腸の状態と脳の状態は連動していて『腸脳相関』と言われてています。

腸の状態を整えることで、ストレス改善にもなるのでまずは腸の調子を整えてみませんか?

お腹が敏感で繊細なタイプにおすすめサプリはこちら

 

8・エクササイズの習慣を

 

1時間ジョギングをすると、7時間寿命が伸びる。運動の健康効果は計り知れません。

ストレス解消には運動が一番効果的なのは、いろんな研究で証明されています。血行は良くなり、ホルモンバランスも整うし、引きしまったボディラインにもなるし良いことしかありません。

運動する気になれない、運動が苦手って人も、軽いヨガやウォーキングからでもはじめると効果大!

 

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中

 

 

メンタルが弱いのは生まれつきじゃなかった! メンタルが強い人の特徴って?

美と健康カテゴリの最新記事