[断捨離の効果] 風水的に汚部屋で運気が下がる理由5つ

[断捨離の効果] 風水的に汚部屋で運気が下がる理由5つ
 

いつの間にかお部屋が散らかってしまう

片付けるのがおっくうだ

いざという時に物がない

散らかりすぎて友達を呼べない

なんでこんなに物が多いのかわからない

 

今回の記事は、

”なんで汚部屋がまずいのか?”

”断捨離をすると一体どんな効果があるのか?”

 

そして

”心理学的な断捨離のやり方”

をご紹介します。

 

[断捨離の効果] 風水的に汚部屋がまずい科学的な理由5つ

 

1・汚部屋で脳が疲労する

 

アメリカ社会心理学協会の調査によると、お家がより散らかっていると感じている女性は、そうでない女性よりも、うつ傾向が高く、ストレスを感じると分泌されるコルチゾールというホルモンの値が高いことがわかった。

インディアナ大学の調査によると、家の中が片付いてスッキリとしている人は、そうでない人に比べるとより身体的に活動的で、健康的なライフスタイルであることが多かった。

それに常に掃除が行き届いているということは、カビや埃やダニが少ないということだ。アレルギーになる確率も低いだろう。

 

そして面白いことに、綺麗な部屋で生活している人は、おやつにチョコレートよりりんごを選ぶ率が高いという。

プリンストン神経科学インスティチュートの調査によると、散らかっている部屋にいるだけで、集中力が低下し、生産性が下がることを示している。

乱雑な部屋の状態が視覚的に脳に伝わると、その分ストレスも増えて脳の処理機能が低下するという。

 


 

2・散らかってしまう理由って?

お片付け専門家のヘレン・サンダーソンによると、

”お部屋の中の散らかっている物は、あなたのこれまでの決断と選択の結果”

 

そして、物が溢れて積み重なっている光景は、あなたが ”いつか”やろうと思って、ずるずると先延ばしにしてきた結果よ。”

 

と言っています。確かに、物を買う決断をして、その場所に置くという選択をしたのは、他でもない自分ですものね。

 

 

3・じゃあ散らからないコツって?

ジョンホプキンスOCDクリニックのGerald Nestadt博士によると、散らかってしまう前の意思決定がコツだと言っています。

どういうことかというと、お部屋が散らかってしまう人は、そもそも必要なものと必要でないものの区別をしていないので、いつの間にかごっちゃに積み重なってしまうということです。

Eメールに例えると、ジャンクメールを無視しているとメールフォルダーがいつの間にか一杯になっているのと同じです。毎日、ジャンクメールはゴミ箱に仕分けしていると、そのうち必要なメールだけがフォルダーに残っていますよね。

ということは、ジャンク=必要ないものを区別して即捨てるという意識が必要になるということです。

 


4・必要のないものを見極めよう

ものを捨てれない人の心理は主に、

“いつか使えるかもしれないしもったいない”。

“昔の思い出がたくさん詰まっているから”。

そして、その気持ちは本人にしかわからないのです。

 

しかし、お部屋のスペースには限界があります。しかも、物があふれて散らかっている部屋にいると、あなたの人生にマイナスな影響があると言うことは、科学者たちのリサーチでも証明されています。

マイナスの影響があるとわかってて、それでもお部屋に置いておく価値があるのか? と問いかけましょう。

言い換えると、過去に生きるのか? 

現在に生きるのか? ということになります。

 

 

5・NOというトレーニングをしよう

お部屋が物であふれている人の特徴に、自分のキャパシティを超えて、”なんでも引き受けてしまう” 傾向があるそう。イベントや人付き合いなどで、カレンダーには予定がいっぱいという人も・・。

50個のどうでも良いことをやるよりも、本当に重要な2〜3個のことを専念する方が人生にとっては、価値のあることです。

なんでもYESという代わりに、NOと言うことを考えましょう。NOというトレーニングをすることで、必要なものと必要のないものがはっきりしてきます。

そして、もっと自分の時間を大切にして人生をエンジョイすることができます!

 

[恋愛][仕事][対人関係]のお悩みは 電話占いヴェルニ 

 

[適当にいこう]風水でうつを改善する8つの方法

運気を底上げする 鏡を使った使える風水テクニック

断捨離カテゴリの最新記事